いつもの部屋で世界を旅する  tabibeya.com  

パリの食べもの

Food from Paris.

ここでは、本格的なフランス料理ではなく、手軽に自分の空間にパリ感をだせる 「おつまみ」的なものをセレクト。 せめてこのひと時でも、ほんのちょっとの手間で、パリを自分の部屋で感じたい。 tabibeya paris が選ぶパリを感じるための食べもの。 手軽に「お部屋旅」を演出してください。

食べ物

Paris Brest パリ-ブレスト

パティスリーの本場。パリを感じるスイーツは数多にある。 「ラデュレ」が2008年に銀座三越にオープンして以来、最近では、 「マカロン」は、ブームを通り超えて、どこでも手に入れられる定番スイーツになりました。 「ラデュレ」の「マカロン」でないなら、もうひとつのパリの定番中の定番スイーツ、 「アンジェリーナ」の「モンブラン」かな、とも思いましたが、モンブラン自体は、 日本でも既にとてもなじみのあるケーキ。あまりパリ感は感じられなさそう。 そこで、ここでは、「パリ-ブレスト」をセレクトします。 車輪型をしたシューの間にいろいろなクリームを挟んであるあれです。 輪切りのドーナツ程度の大きさのものから、ホールサイズのものもありますね。 手軽に、お部屋旅。お取り寄せもできますが、以外に簡単にそれなりのものを自作できます。 レシピをリンクしておきます。

食べ物

チーズをフランス語で、フロマージュ。パリの定番中の定番、 フロマージュ専門店の「キャトルオム」本店(左の写真) に入った瞬間のあの興奮をもう一度味わいたい。 「キャトルオム」セレクトのフロマージュも取り寄せできる時はできるのですが、 チーズの世界は、ワインと同様に、奥が深い、好みが多様、なので、 これがお勧めの一品とはセレクトできません。 そこで、ここでは、チーズ入門書をセレクトします。
『チーズの選び方・楽しみ方』
チーズのカリスマ 本間るみ子氏による良書です。

食べ物

Bistro & Brasserie ビストロ ブラッスリー

パリのいたるところにあるビストロやブラッセリー。レストランほど堅苦しくなく、 カフェよりもおいしいものがたくさんおいてある、フランスの居酒屋的な存在。 そこで出されるちょっとした肴を、手軽に再現できないかなーと思いながら探したら、 ずばりの良書を見つけました。
『ベーシック・フレンチ 地方のおそうざいレシピ ビストロ&ブラッスリーの定番料理』
フランス料理研究科の大森由紀子氏による、とてもつかえる名著だと思います。